忍者ブログ
日々の出来事をつらつらと……。 基本的には“未来の自分のため”
2019/11月
≪10月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12月≫
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は買い物な1日だった(*´∇`*)
夜は土居ちゃんとLOFT、昼は以下の本読んでました(まだ途中だけど)

  「伊勢丹な人々」川島蓉子

ちょっとお勉強です♪
まぁタイトルから察する通り、伊勢丹ベタ誉めなのですが。
でも別に元伊勢丹社員ってワケでもないのに誉めてるから、一応客観的なのだろうか。
色々とお勉強になるようで、知らなかった単語が頭を右から左へとすり抜けていくようでもあり…(笑)
でも覚えやすい用語もありましたぞ。

例えば…
★ハナコ世代(1959~64年生まれ)
バブル景気下で消費の自由裁量(お金・時間・情報・判断)を獲得し、新しいブームを次々と生み出した。キャミソールドレスでディスコに繰り出し、冬でもリゾート地に出かけた。

★ばなな世代(1965~70年生まれ)
高校時代から「オリーブ」などの雑誌をお手本に、渋谷や原宿でDCブランド(デザイナー&キャラクターブランド)を着こなしてきた女性達。

なーんて可愛い名前で分類されているらしい。
ハナコは雑誌、ばななは吉本ばななさんからですね。
これらの下の世代が、団塊ジュニア、かな。
なんかその辺がなんか気になったのでネットで調べたら…

・キネマ世代(1936~45年生まれ)
・団塊世代(1946~51年生まれ)
・DC洗礼世代(1952~58年生まれ)
・ハナコ世代(1959~64年生まれ)
・ばなな世代(1965~70年生まれ)
・団塊ジュニア世代(1971~76年生まれ)
・プリクラ世代(1977~86年生まれ)
・ハナコジュニア世代(1987~92年生まれ)

なんだって(*´∇`*)
つまり、あたしたちはハナコジュニア。
なんて単純な…ハナコ世代の人の子どもだからってだけじゃないかw
愛着がわかないなぁ。なんかうちらの世代が特徴ないみたいにも思えるネーミングだしねぇ。
し・か・も、実際うちの両親ハナコ世代じゃなくてDC洗礼世代だし…(笑)
残念!

あ、あと。あたしの好きなアナスイは、伊勢丹の「解放区」がキッカケで出てきたらしい、と。
ライセンスも伊勢丹が~とか!知らなかった~
なのにあたし普通に他の百貨店の面接で「好きなブランドはANNASUI」って言っちゃってたぞ★w
まぁ今更面接に関係ないと思うけど。発祥がどこであれ、ね。実際その面接落ちなかったしね。うむ。

ファッション関係は、やっぱ知らないことがたっくさんあるなぁ。
ここ数年メディアメディアメディアしてたばっかりに…知識の偏りが…
かといってメディアについて深い知識があるワケでもなく…ああああ…

ヤバイ。このままじゃ安心して就職できない!!
2010年4月にポカーン&オロオロしたくないし、なんとかしよう。


でも、色彩検定取るもんね!13日から学校で講座がはじまる♪ウキウキ★

拍手[0回]

PR

今日は1人で「恋空」を見てたよw
ガッキーと三浦春馬のやつね。
当時映画館に行く気は無かったものの、ちょっと見てみたかったので(*´∀`*)

 

感想。
思ってたより泣けなかった!
もっとうわぁんってなるかと思ってたのに、グスンって感じだった(ノ_・。)
そして三浦春馬は“彼女と学生のうちに子ども出来て親に挨拶に行く役”多いけどいいのかな(「14才の母」といい…)何そのイメージw
あと優が意外とアッサリ描かれてた気が。もっといっぱい色々してなかったっけ…?忘れたけど。
やっぱ2時間にするにはちょっとボリューミィなんだね、うんうん。
にしても電話の出会いが…ありえなさすぎるー!


あとは…
こないだTVでやってた「東京大空襲」を今更ながら見た!
藤原竜也と掘北まきのやつね。
いやぁ~壮絶だね…

※ここからネタばれ↓

一番すごいなぁと思ったのは、
目の前で旦那さんに先立たれちゃった妊婦さんがいて、
頑張って逃げてたんだけど、川のほとりで産気付いちゃって。
そこに掘北まきが通りかかるのね。
んで掘北まきが「とりあえず○○を!」みたいなこと言うんだけど、
その妊婦さんは、「いいの!ここで産ませて!」みたいな感じで。
掘北まきは「でも…!」とか言うんだけど、
妊婦さんは「お願いここで生ませて!あの人の子なの!!」って。
不謹慎な言い方になるけど、カッコイイ。女って(母って)強いのね。
で、堀北まきがその辺で亡くなってる方の衣服とかを出産用に集めてきて、
その妊婦さんは出産するんだけど。
元気な男の子が生まれると同時に、その妊婦さんは亡くなっちゃうのだ。。。

と、まぁあたしが一番印象に残ったのはこんな感じ。
以上こまごまと感想でした!

拍手[0回]

ゼミでテレビドキュメンタリーを作ることになりました。
3人で一つの作品ね。
どこか公共の場で発表しないと単位をもらえないというなかなかシビアなお話です。
Nコンか「目で聴くテレビ」に出したいね。

で、まぁ作る前に。
とりあえずプロが作ったドキュを見ようの会!
班員3人でビデオインアメリカ行って、5個くらいDVD借りて、とりあえず2個見ました♪
せっかくなんで、感想なんぞ。

 ダイアナ

とりあえず最初は見やすそうなモノをチョイス。割と新しいし。
んーインタビューが多くて疲れた…
でもドキュ制作には役立ちそう。組み立てとかカメラワークとか。

 いぬのえいが

これはドキュじゃないけど。
うちらの作るドキュのテーマが聴導犬の予定なので、
犬を使った映像を見ようということで。
でも犬の撮り方云々とかどーでも良くなっちゃう。犬が可愛すぎて(笑)
キュンキュンするよ!
しかも、全然有名じゃないやつなのに、何気に出演者豪華。
伊藤美咲、宮崎あおい、中村獅童、小西真奈美など…
犬好きにはオススメ♪

あとの3本、見る暇あるんかなー…
ま、これから先はドキュどんどん見まくろうと思いまーす(*´∇`*)

拍手[0回]

ひっさびさ~に暇な日が出来たので、GEOに行ってDVD借りてみた(*´∇`*)
特に見たいDVDは無かったんだけど。
とりあえず邦画な気分だったので邦画コーナーへ。
行ってみたら色々見たくなったよ!日本沈没とか。
んで実際借りたのはコレ。

 仮面学園

藤原竜也主演って書いてあったから、目の保養になるかなと思って…w
でも、目の保養になったのはメイキング&インタビューだけだった(笑)
だって不気味なんだもんコレ!

有季と貢が通う私立光陽館高校。ある日登校拒否を続けていた段田が仮面を付け現れる。彼はまるで別人のように人格が変わっていた。その日を境に一人また一人と増えていく仮面生徒。それはいつしか仮面ブームという社会現象にまで発展していく。そんな中、段田が遺体で発見される。そして、ついに暴走を始める仮面生徒たち。同級生の死に不審を抱き仮面の謎を探り始める有季と貢の前に、仮面作りに魅せられた妖しくも美しい青年・堂島が現れる・・・。

↑これあらすじね。
仮面つけた人がいっぱい出てくるんだよ!怖いよ!不気味すぎ。
しかもマイナーな映画(たぶん)なだけあって、全体的にそこそこだったw
2000年の作品らしいんだけど、
準主人公の女の子(有季)&男の子(貢)から何か古風な香りがした(笑)
女の子は髪型が90年代って感じで、男の子は当時流行っていた(?)ロン毛!
2000年といえど、もぅ8年も前なんだものね…

まぁ、そんな感じ(*´∇`*)♪

拍手[0回]

久々にバイト週4で入りました、先週。
週3の予定だったんだけどね…
急に予定が入ったという後輩と代わったので。
そのせいでサークル行けなかったのはかなり残念だけれども(≧△≦)
iPod購入へは一歩近づいたわw

そんなバイト~な日々の中でも、ちゃっかり遊んではいました♪
某シェフのお宅へランチをいただきに行ったり(*´∇`*)
レイトン教授(※ゲーム)に励んだりw
今日も友達の誕生日プレゼントを買いに四条へ☆★

でさぁ、
地味に最近見ていたものがあって。

   

東京フレンズ
うちのネット映像配信サービスで一話目が無料だったからさぁ、暇つぶしに見てみたら…
うん。続きが気になってしまってww

全5話っぽいし一気に見てしまおうということで。
1話1話が結構長いんだけどね(笑)

今日最後の5話見るわ!
感想はそれからだ!!

なんか最近TV全然見てなかったし新鮮。
これを期にDVD鑑賞にハマってしまったらどうしようww

拍手[0回]

Calendar
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Profile
HN:
YUI
年齢:
32
性別:
女性
誕生日:
1987/09/11
職業:
流通業
Search
Newest
(02/28)
(02/28)
(02/26)
(02/20)
(02/18)
Comment
[03/08 YUI]
[02/27 あたむ]
[02/21 YUI]
[02/20 たじかおさん]
[02/17 YUI]
Track back
Bar code
Counter
Access
Shopping

Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    materiai by 素材屋さん名

忍者ブログ [PR]